住宅購入時に掛かる税金(所得税、住民税、自動車税など、色々なものについて回ります)には、どういうものがあるのでしょう。車を買ったら、購入した時と所有している期間中、税金(最近では、消費税率を上げるとか上げないとかでニュースになっていますね)がかかるのと同じく、住宅の際でも、購入時と保有時に税金が掛かってしまいます。住宅を購入する時に、または、住宅を買ってから、こんなはずではなかったということにならないように、住宅購入前に税金(最近では、消費税率を上げるとか上げないとかでニュースになっていますね)に関しても知っておいてください。まず、住宅を購入してた時に掛かる税金(ふるさと納税という納め方も話題になりました)に、不動産取得税があるでしょうか。これは地方税(様々な住民サービスを受けるためにも、きちんと納める必要があります)で、住宅を取得した際にだけかかります。取得した不動産の価格×税率というのが、不動産取得税の算出式です。条件によっても、軽減される事もあるのですが、期間が限定されており、申請が必要だといわれています。また、登録免許税も必要になってくるでしょう。これは、土地や建物の登記、抵当権の登記の時に必要である税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)です。それに、売買契約をする際などには、印紙税も必要で、これは契約した金額によってもその金額が違ってきます。売買契約書、工事の請負契約書、住宅ローン(一定の条件を満たさないと審査に通りませんが、その審査基準はその金融機関によって畭なります)の契約書なんかの文書をかわす際には、それぞれ必要になってきます。そして、当り前ですが、住宅の購入の時にも消費税が掛かってしまいます。土地の取得にはかかりませんが、建物の取得費用や売買手数料には、消費税が課税されるのです。支払い金額が大きいだけに、1%の違いとしては大きく、消費税率が変更される前に思い切って住宅を買ったらいう方も多い事でしょう。住宅購入後には、その土地や建物を保有しているだけで、固定資産税が掛かってしまいます。その上、その不動産が市街化区域内にあるのなら、都市計画税も必要だといわれているのですー